つみき

ワンルームマンション投資の会社を選ぶ決め手

資金計画の重要性

男性女性

資金が必要になる業務

賃貸管理を行う上では業務に対して資金が必要になることは念頭に置いておかなければならないでしょう。管理会社に依頼するときにも費用がかかりますが、たとえ自分で全ての賃貸管理を行ったとしても資金準備が欠かせません。集金や清掃などにはほとんど費用がかかっているという印象を受けないかもしれませんが、入居者の募集を行ったり、退去後のクリーニングをしたりする段階では費用をかけることになるでしょう。空室対策や物件の保全のためにリフォームをするとなると意外に大きな費用がかかるのです。資金計画を立てておくことが賃貸管理を行う上で重要になります。管理のために必要になる費用は予め積み立てをするように心がけると安心です。

突然必要になる費用

賃貸管理を行っていると突然必要になる費用が多いのが特徴です。管理会社に依頼している場合には毎月ほぼ一定の金額を支払えば良いことになりますが、それによってまかなわれていない部分での出費や自分で管理をしているときの費用は、必要が生じたときに突然払わなければならなくなります。退去の通告は一ヶ月前までが原則なので、一ヶ月後には入居者を確保したいでしょう。そのためには即座に募集を始めなければならず、必要な費用を工面することになります。入居者からクレームがあって雨漏りの修理をするとなるとやはりそのときにすぐに費用が発生するのです。このような特徴があるため、予め積み立てを行って資金計画を立てるのが重要になります。