つみき

ワンルームマンション投資の会社を選ぶ決め手

ビジネスパートナーとして

集合住宅

委託できること

大家にとっては、マンション管理会社は大切な所有物件を預けるビジネスパートナーのような存在です。大家からマンション管理会社に委託できる業務には、事務管理業務・管理員業務・清掃業務・建物や設備管理業務などがあります。この全てを委託してもいいし、一部だけ委託することも可能です。また、マンション管理会社の種類ですが大きく分けると、デベロッパー系と独立系とに分けることができ、比較的管理費を抑えることができるのは独立系です。デベロッパー系は、マンションを建設した会社が親会社にあたり、マンション管理をその企業グループ内で行うため、比較的管理費は高めに設定されていることが多いです。どちらも管理費以外にメリット・デメリットはあるので、マンション管理の何を重視するのかによってマンション管理会社を選ぶといいでしょう。

物件管理が楽になる

所有する物件の管理をマンション管理会社に委託すると、マンションの管理が楽になると大家に大変人気があります。所有物件の管理と一口に言ってもさまざまな種類の業務があり、それを大家一人でまかなうとかなりの激務になることが多いものです。そこで、所有する物件に応じてマンション管理会社を選び、委託するマンション管理方法が大家にとっては楽に所有物件を管理できることにつながります。また、それだけ入居者に対するサービスを向上させることもできるので、部屋の空室に悩むこともなくなります。入居者の多くは、マンションの管理状況をチェックした上で契約をするかどうかを決めるものです。収益を維持するためには、きちんと管理されているマンションであることは必須条件です。それを満たすことができるマンション管理会社は大家には人気です。